TOEICは就活の役に立たない?

TOEIC

TOEICは日本での認知度が非常に高い試験の一つです。大学に入って初めて受けた人も多いと思います。では、TOEICのスコアは就活に優位に働くケースはあるのでしょうか。

TOEICは就活の役に立たない?

そもそも気になる点は、「TOEICは就活に使えるの?」だと思います。これに関しては一概には答えられません。しかし、ほとんどの場合優位に働くことはないというのが現実です。

理由はいくつか考えられます。

  • 英語が仕事をする上で必要でない
  • 英語力をTOEICで判断していない
  • 選考基準に含まれていない

英語を仕事で必要とされていない場合、TOEICの点数が高いからといって採用する理由はありません。

英語を必要としている場合でも新卒は入社後にトレーニングをするというケースが多いです。この場合、選考時にそれほど重要視されることはありません。

また、そもそも選考基準に含まれていない場合もあると思います。TOEICを記入する欄があっても、選考には関係しない旨を書いている場合が多いです。真実はわかりませんが、僕が選考を受けてTOEICが優位に働いた印象は全くありません。

ここまで見るとTOEICを使う場面が無いように思えます。しかし、いくつか就活でTOEICを活用する場面があります。

  • エントリー条件に設定されている
  • 自己PRの材料として使う

この2パターンです。

外資系やグローバル企業に多いのですが、英語を使うことを前提に採用活動を行なっている事があります。その場合、エントリー条件としてTOEICのスコアを設定している事が多いです。

尚、ほとんどの条件が800点〜900点以上のスコアです。求められるスコアが比較的高い場合が多いので、自分が興味ある業界、会社を早めに確認しておいた方が良いと思います。

他には、自己PRの材料として活用することもできます。この場合、800点以上が目安です。TOEICのスコアそのものをアピールしても意味がありません。その背景を自分の特徴をアピールする事が重要です。

点数を取るための継続力、留学経験など、様々な方面からアピールする事ができると思います。

ここまで話したように、スコアを持っているだけで役立つ場合は少ないです。自分自身で材料として活用する事をオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました