TOEIC スタディサプリの使い方徹底解説

TOEIC

TOEICの対策を本格的に始めようとしている方が一度は検討するのがスタディサプリのTOEIC対策コースです。

僕自身使用し、結果が出たのでみなさんにもご紹介してます。ただ、実際どのような使い方をするのか、イメージが湧かない方も多いと思います。当記事では、そんな疑問を解決できるよう、使い方を徹底解説します!

TOEIC スタディサプリの使い方 徹底解説

通常

まず、簡単にどのような機能があるか知っておいた方がいいと思います。

  • 文法講座(動画)★
  • オンライン単語帳
  • 各パート勉強テクニック(動画)★
  • 全パート対策用問題
  • 復習トレーニング★

ざっと紹介するとこんな感じです。細かい部分は省いていますが、主に使用するものを紹介しておきました。

では、使い方を見ていきましょう。

無料体験の1週間

スタディサプリでは、無料体験を受ける事ができます。その1週間でオススメなのは以下の通りです。

  • 各パートの勉強テクニックを全て見る
  • 文法講座を視聴する

各パートの勉強テクニックですが、一番初めに一旦全部見てしまいましょう。ここでは、すぐ確認できるところにメモしていくのが良いと思います。僕は、iPhoneのメモに整理していました。

文法講座は結構ボリュームがあるので少しずつで大丈夫です。あと、何回も繰り返して見るので、この段階で理解できていなくても気にしないで進めましょう。

もし、見ているだけでは落ち着かないという方がいれば、ノートにまとめてもいいかと思います。軽く復習するときはノートで、ノートが分からなくなったら講座でという感じでいくのもアリです。

最初から飛ばし過ぎる必要もないので、1週間はとにかく毎日勉強する事を目標にやってみてください。講座が結構わかりやすくて楽しくなってくると思います。

2週目〜3ヶ月

いよいよ無料体験が終わったタイミングです。ここからは、順番通りに進めてもいいと思いますが、飽きます。なので、こんな感じでしょうか。

  • Part1はとりあえず終わらせる
  • Part2対策をしっかり行う

Part1は伸び代もそんなにないので、サクッと終わらせてしまいましょう。一日程度で終わると思います。

重要なのが、Part2です。以前の記事でも紹介したようにpart2は比較的点数が伸びやすいです。また、1つの文章が短いので復習もしやすいです。短い文章で復習の癖を付けるというのも狙いです。

ここまで終わった方は、パート優先度を参考にして勉強を進めてください。もちろん、やりたいパートがある方はご自身で決めても問題ありません。

実際、part1,2以外の順番はそれほど重要ではないです。

イメージとしては、3ヶ月で一通りの講座、トレーニングを終えるといった感じです。僕は時間があったので、2週間程で全て終了し、公式問題集に移行しました。その後、文法講座や解説動画は何度も見ました。

ただ、そこまで働いている方はそこまで時間を取れないと思うので自分に合った勉強時間を設定してください。

スキマ時間

スタディサプリのメリットの1つが、スキマ時間に勉強しやすいという点です。仕事や外出時に参考書などを持ち歩くとなると邪魔です。。でも、スタディサプリであればスマホ1つで大丈夫なのでもう言い訳はできません。

電車、待ち時間、、、気にしてみるとスキマ時間は結構あります。1回10分でも、3回あれば30分になります。

スキマ時間はスマホをぼーっと見がちですが、そこを勉強時間に変えるだけでかなりの時間を確保できます。

オススメの使い方はこちら

  • オンライン単語帳
  • 復習トレーニング

単語帳もオンラインにあるのでやりやすいです。

復習トレーニングもどこでもできるようなものが紹介されています。口パクでシャドーイングや音読をするのですが、推奨されている回数が50回、、出来るまで、、といったようにかなりハードです。これを机に座ってやるとなると恐ろしいですし、多分飽きてしまいます。

その点、スキマ時間に少しずつやれば回数を重ねやすいかなと思います。

通常

コメント

  1. […] スタサプ徹底解説 […]

  2. […] ここでは、詳しく書きませんがこちらの記事を参考にしてください。 […]

タイトルとURLをコピーしました