そもそもTOEICは意味がない?

TOEIC

当サイトでは、TOEICの勉強法を発信しています。ですが、TOEICを頑張る必要性があるのでしょうか。人によると言ってしまえばそこまでですが、当記事ではどういう場面で役に立つか解説します。

そもそもTOEICは意味がない?

まず、あまりTOEICの勉強をする必要がない人はどのような人達なのでしょうか。

  • 英語を話せるようになりたい人
  • 留学(交換留学等)に行きたい人

主にこの2パターンだと思います。

英語を話せるようになりたい人はTOEICの勉強は一切必要ないと思います。

その時間を英会話や実践的な訓練に使った方がよっぽど効果的です。

留学に行きたい人もTOEICではないかもしれません。交換留学等で求められるスコアはほとんどがTOEFL ibt かIELTSです。これらは英語四技能すべて測られる為、難易度は高めです。

ただ、留学に行きたい人は必須だと思うのでTOEICではなくそちらに時間を使ったほうが良いと思います。

どんな人がTOEICを勉強すべき?

これに関しては本人が1番必要性を感じている場合が多いので、解説の必要がないかもしれません。一応、さくっと説明します。

  • 大学、会社で必要
  • 就活、転職に使いたい
  • 趣味

大学、会社で必要な場合はちょくちょくあると思います。僕が通っていた学部も卒業に必要な点数が決められていました。

単位に変換できる場合もあるみたいですね。

会社でも昇進、昇格に関わってくるケースがあると思います。そうなると勉強せざるを得ません。

就活ですが、700点以上で一応書けるかなって感じです。実際、TOEICの点数が優位に働くことはほとんどないと思います。

ただ、エントリー条件として800程度設定されていることはよくあります。こういう場合に設定されているのは大体800点前後です。

受けたい企業が決まっていて、TOEICが必要な場合は勉強する必要があります。

転職は経験がないので分かりません。就活と同じようなイメージです。

最後に、TOEICが趣味の人ですが、解説の必要無しですね。意外とTOEICが趣味の人も多い気がします。月一回受けられますし、頭の運動になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました