TOEFL ITP 短期間で出来るスコアアップ対策

TOEIC

当サイトでは主にTOEICの勉強方法を紹介していますが、当記事ではTOEFL ITPのスコアを短期間で伸ばす方法をご紹介します。

TOEFL ITPに関しては、限界はあれど1週間でスコアを伸ばす事も可能です。

短期間で出来るスコアアップ対策

「短期間」というのがポイントで、ここでは1週間〜2週間をイメージしてください。つまり、直前です。

個人的な印象ではTOEFL ITPは学校等で団体受験するものなので、思いがけず受ける事になったという方も多いと思います。

それでもある程度はスコアを取らなければいけない場合、対策するポイントは1つに限られます。

Section2:文法パートだけ対策する

直前の対策に関してはこれ以外ないと断言します。

TOEFL ITPは3つのセクションで最高点がほぼ同じです。つまり、リスニング、文法、リーディング、どのセクションを伸ばしても伸び代があるという事です。

そうなると、直前に伸ばすべきは文法です。TOEFL ITPの文法問題はTOEICと比べてテクニックで解ける問題が多いです。なので、文法知識が定着していなくても伸ばすことが可能です。

長期的な勉強計画があれば話は別ですが、TOEFL ITPを受ける機会はそんなに多くないと思うので最短で伸びる文法を対策しましょう。

文法セクション対策

TOEFL ITPの文法に特化した参考書があります。極端ですがこれ以外を使う理由はないです。


こちらの文法対策本です。似たパッケージで580問の参考書がありますが、内容が異なるので注意してください。

この参考書を手に入れて、テストまでひたすら繰り返すだけです。

思いがけず受ける事になった方、ある程度スコアを取りたい方は是非こちらの参考書を使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました