株式投資向け企業分析 【昭和電線ホールディングス】

5805 昭和電線ホールディングス

  • 非鉄金属

事業の将来性

昨年全体で見ると業績が好調で需要は高く、事業は5G関連を中心に今後の成長が十分に期待されます。インフラ、通信等人々の暮らしに関連する事業が強く、今後の需要拡大は十分にあり得るでしょう。

新型コロナの影響はゼロではないですが、前向きに経営の強化をしていく方針を掲げており安心感があります。

懸念点

海外向けで一部停滞している事業があり、国内需要が落ち着いた時どのような推移を見せるのか気になる点です。

指標の分析

ミックス係数だけ見るとかなり割安株ですが、配当利回りは高くありません。

ミックス係数(PER × PBR)

  • 6.4

22.5以上の場合はほとんど買いません。

配当利回り

  • 1.20%

株主優待

  • なし

投資先としての魅力

★★★☆☆

時代に合った銘柄といった印象を受けました。配当利回りを考慮するとそれほど割安株ではないかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました