オンライン英会話でTOEICのスコアは伸びない?

TOEIC

DMM英会話やレアジョブといったオンライン英会話サイトを見ていると、「TOEICが〇〇点伸びた。」と書いている事もあります。

実際、TOEICのスコアアップに効果があるのでしょうか?

オンライン英会話でTOEICのスコアは伸びない?

結論から言うと、伸びません。しかし、これだけだと語弊があるので説明します。

3ヶ月程度続ければ50点程度伸びるかもしれません。僕はそうでした。ただ、TOEICの世界で50点は誤差の範囲です。伸びたと言うには点数が小さすぎます。

結論を改めて言うと、大幅に伸びないといったところでしょうか。

オンライン英会話をTOEIC対策として使う方は少ないと思います。しかし、英会話が学べてTOEICが伸びれば一石二鳥と思うことはあるかもしれません。

では、なぜTOEICのスコアアップは期待できないのでしょうか?

オンライン英会話でTOEICが伸びない理由4つ

主に、4つの理由が考えられます。

会話の内容がかなり簡単

オンライン英会話は初心者向けとして提供されている場合がほとんどです。

そういった理由もあり、用意されている教材、会話の内容の難易度がかなり低いです。

TOEICの内容がハイレベルと言う訳でもありませんが、オンライン英会話と比べると難しいです。

簡単な会話をどれだけ続けてもそれができるようになるだけで、TOEICの実力派伸びないです。

先生がゆっくり話してくれる

一つ目と少し似ていますが、先生が話すスピードはかなりゆっくりです。

初心者向けなので当たり前ですが、早く話してもらってもネイティブと比べるとゆっくりです。

ネイティブのコースを受講した場合でも、初心者向けの英会話なのでどうしてもゆっくりになってしまいます。

TOEICのリスニングの方が早くて長いので、なかなか慣れないと思います。

リーディング能力は全く伸びない

英会話はリスニングとスピーキングがメインです。リーディング能力は使いません。

リスニングが伸びれば、リーディングが伸びる事もありますがオンライン英会話では難しいです。

リスニングとリーディング能力が必要とされるTOEICへの効果は薄いとわかります。

復習しづらい

これは盲点かもしれません。

学習において復習は非常に重要です。どれだけ復習したかによって結果が変わるとも言えます。

しかし、オンライン英会話は会話することに集中してしまいがちです。自分がわからなかった部分が分かりにくいです。

そのせいで、レッスン後に復習するのは難しくなっています。

ざっとこんな感じです。

今回は、オンライン英会話そのもののレビューはしていませんがTOEICへの効果はやはり薄いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました