株式投資向け企業分析 【日本水産】

1332 日本水産

  • 水産・農林業

事業の将来性

このような状況下でも新しいライフスタイルに向けた製品開発、戦略を打ち出し需要拡大を期待しています。

取り扱っている商品が魚介系と言う事もあり、健康志向が高くなれば需要は拡大するでしょう。

懸念点

新型コロナの影響で家庭内消費以外は減少傾向にあります。

世界中に輸出しているため、国内のみならず世界でのコロナ収束に依存してしまうでしょう。

指標の分析

ミックス係数を見るとかなり割安株ですね。ただ配当利回りは高くないので、そこをどう捉えるかだと思います。

ミックス係数(PER × PBR)

9.5

22.5以上の場合はほとんど買いません。

配当利回り

1.80%

株主優待

自社商品セット

  • 500株以上   3000円相当
  • 1000株以上 5000円相当

投資先としての魅力

★★☆☆☆

株主優待は魅力的ですが500株からなので少し手を出し難い印象です。

※全て記事執筆時点の情報を参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました