投資日記Vol. 8 僕が株式投資を始めるまで「口座開設」

株式投資を始まるまでが面倒と思い込んでいる方が多いかもしれません。しかし、実際は口座を用意してしまえばOKです。

完全初心者の僕が口座開設をして株の購入するまでの過程を紹介します。

僕が株式投資を始めるまで「口座開設」

銀行口座開設(必須ではない)

僕は楽天証券を利用していますが、楽天銀行を持っていた方が何かと便利なので先に楽天銀行の口座開設をしました。

開設する証券口座によって使いやすい銀行は変わるので、検討している証券会社がどこの銀行と相性がいいのか確認しておきましょう。

面倒であれば、既に持っている銀行口座で問題ないと思います。

証券口座開設

ここがメインです。証券口座の開設です。

証券会社の選び方は色々ありますが、楽天証券かSBI証券を選んでおけば問題なさそうです。株の入門書でも大体この2社が薦められています。

証券口座の開設も意外とシンプルで、WEBでサクッと済ませられます。開いた時間を見つけて早めに申し込みしておきましょう。

開設の際、特定口座か一般口座かを選ばなければいけませんが説明すると長くなるので証券会社のHPで説明を確認してください。

銀行口座と証券口座を連携させる

証券口座と銀行口座が揃いました。

次にすることは、証券口座への入金をする為に銀行口座を紐付ける事です。会社によってやり方は違うと思いますが、基本的にシンプルなので手順に従って行ってください。

楽天証券の場合、楽天銀行とつなげるといちいち入金しなくても購入額に応じて自動入金してくれるマネーブリッジというシステムがあるので便利です。

紐付けが終わるといよいよ株の注文ができます。

証券口座で株を注文

ここまで来ればあとは株の取引を行うだけです。

銘柄を選んで買い注文をします。注文の際、いくつか入力項目がありますがご自身に合った注文内容を調べる事をオススメします。

初めて100株購入すればあとはなんとなく慣れていくと思うので、勉強しつつ頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました