投資日記 Vol. 46 社会人一年目から株を始めるメリットをまとめてみた

この4月から会社員になり、それと同時に株式投資を本格的に始めました。たった2ヶ月程しか経っていませんが、社会人一年目で株を始めるメリットがいくつか発見できました。当記事で、記録として共有します。

社会人一年目から株を始めるメリットをまとめてみた

勉強のきっかけになる

株で利益を得る、損をしない為には勉強が不可欠です。株の面白い点は、株の勉強だけしていても中々本質が見えてこない点です。

僕はしっかりと資産運用していく為に自分から株以外の勉強も始めました。代表的な例は経済です。

会社で学ぶ事は仕事に必要な物だけです。それだけでは将来的にそれほど成長していないのではないかと思います。若いうちから勉強の習慣をつける事が出来たのは良かったです。

広い視野を持てる

株を始めるまでは自分が興味を持った物しか深く調べたりしませんでした。

しかし、全ての物事が株価上昇に関係する可能性があると言う事に気付き、固定概念を捨てて幅広い分野に興味を持つようになりました。

これは株式投資に活かされるだけでなく、人との付き合いでも活かされると感じています。全く興味がなさそうな感じを出すよりも、少しでも興味深く聞いてくれる人の方が断然印象が良いからです。

資産管理に強くなる

感じているメリットの最後は資産管理に強くなると言う点です。興味を持つようになると言った方が正しいかもしれません。

お金の仕組みを知る重要性に気付き、お金が増える楽しみを知ります。そうなると必然的に無駄遣いを嫌うようになります。

つまり、無駄遣いが減りお金を増やす為の努力を惜しまない習慣が身につきます。僕はまだまだ初心者ですが、数年後にはさらに資産管理に強くなっていると信じています。

とにかく経験するのが大事

株式投資はリスクがあるからやらないと言う方もいると思います。しかし、やった事もないのに言うのは完全に間違っているなと感じています。

投資は海外では当たり前なので、一度自分で経験してみると良い結果が得られると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました