投資日記 Vol. 32 初心者に一番オススメの株勉強法は?

株を始めた、あるいは始めたいけど勉強法が分からない、本を読んだけどここからどのように勉強を進めていけば良いか分からないという方向けの記事を書きました。

株は勉強するのが大前提ですが、意外とその勉強法が分からなかったりします。その第一歩を共有するのでヒントになれば嬉しいです。

株の勉強方法

結論からいうと、「既に読んだ本を繰り返し読む!!」

これだけです、これが勉強の第一歩だと思います。なぜ、同じ本を何度も読む事が勉強になるのか説明していきます。

まだ本を一冊も読んでいない方はオススメの本を紹介していますので参考にしてください。

一度で理解する事は不可能

株の本を読む最大の目的は「株式投資で儲ける」だと思います。投資で儲けるためには、株の仕組み、銘柄選び、売買を全て習得する必要があります。

これらの情報やノウハウを本を一度読んだだけで理解するのは到底不可能です。

一度しか読んでいない本があればすぐに読んで見てください。読み返してみると驚くほど理解していない事に気付くと思います。

新しい本を読むのも良いのですが、理解するという観点から見ると初心者向けの本を何度も読む方が無駄が無く効率的です。

見落としている部分を拾っていくイメージで繰り返し読んでみましょう。

本を読まなくても実践できるレベルまで読み込む

では同じ本をどれくらい読めば良いかという話ですが、目安として「本が無くても実践できるまで」です。

読んでいる時は「なるほど」と思っていても、銘柄選び・売買のタイミングを考える時に頭から抜けてしまっている事がほとんどです。僕も本を一周して銘柄選びに着手しましたが、その時に実践出来ているのは僅かなノウハウだけでした。

最低限のフレームワークを守らないと大損する可能性も大いにあります。その可能性を少しでも下げる為に、無意識に確認すべき点をチェックできるようになるまで読み込みましょう。

本の情報をまとめて、チェックリストを作成するのもありだと思います。もしくは、常に本を確認できる所に置いておくのも良いかもしれません。

本でインプット→銘柄選び・売買でアウトプットが基本型

何かを習得したい時、基本的な流れはインプット→アウトプットです。スポーツも基本を教えてもらって実践すると思いますが、同じです。

初心者のうちは膨大な知識を詰め込むと混乱するので、初心者向けの本でインプット→銘柄選び・売買でアウトプットという流れを繰り返すと良いと思います。

これを徹底しないと、感情に左右される投資家になってしまいます。有名な投資家は感情に左右されず、知識と妥協しない投資で儲けを出す事が多いように感じます。

早いうちからその癖を付けてしまって損は無いと思います。

コメント

  1. […] 投資日記 Vol. 32 初心者に一番オススメの株勉強法は?株の勉強法として本を読むという方は多いと思います。しかし、同じ本を何回も繰り返し読み、暗記レベルまで読み込む人はそう多 […]

タイトルとURLをコピーしました