投資日記 Vol. 25 株初心者が知りたいリスクのあれこれ

株と聞くと真っ先にリスクが頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。それは間違いではなく、株式投資にはリスクがあります。

しかし、リスクに怯えていては資産を増やす事は不可能に近いと思います。しっかりとリスクを理解して上手く付き合っていきましょう。

リスクは大きく分けて2種類

株式投資には様々なリスクがあります。それらを大きく分けると2種類になります。これらは株式投資をしていく上でずっと付き合う事になります。

株価暴落のリスク

1つ目は株価暴落のリスクです。株価が一気に下がってしまえば損失が生まれます。

暴落まで行かなくとも、徐々に下がって気が付けば購入時よりかなり下がっているという事もあります。

これが1つ目のリスクです。

会社倒産のリスク

2つ目は暴落よりさらに酷く、会社が倒産してしまうリスクです。

実際、可能性としては低いですが倒産している会社があるのは事実です。倒産してしまえば、その銘柄の購入金額は全て消えます。

一般的な株式投資に置いて最大の損失が生まれるのは倒産した時です。

至ってシンプルですが、リスクはこの2種類です。

初心者だからリスクが大きいわけじゃない

先ほど説明した2種類のリスクは初心者から上級者まで同様につきまとうものです。

しかし、僕は初心者だからと言って過剰にリスクに怯える必要は無いと思います。

理由はシンプルで、投資額が少なければ損失は少ないからです。もちろん、余裕資金で投資をしていればの話ですが。

逆に上級者は大きな金額で投資をする事が多いです。投資額が多ければ大きな利益を得る事ができる反面、大きな損失をだす事もあります。

つまり、初心者だからと言ってリスクに怯えすぎる意味がありません。株式投資はリスクがあるものだと捉えて経験を積む方が効率的です。

心配になる額で投資してみる

これは簡単に言うと、自分が用意していた資金より少し多めに投資すると言う事です。

なぜこのような事をするのでしょうか。それは、心配になる額で無いと本気で学ばないからです。

例えば、100万円の貯金がある人が5万円投資するのと20万円投資するのではどちらが心配になるでしょうか。言うまでもなく後者です。デモトレードもそうですが、本気にならないと株の事はいつまでたっても分からないままです。

自分でしっかり勉強できる人はいいですが、そうでない人はその環境を作り出すと良いと思います。生活に影響が出ない程度ギリギリまで投資するのも1つのリスクとの付き合い方です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました