マネーフォワードで資産管理を始めてみた

株を始めて自分の資産推移が気になるようになったので、Excelで資産管理をしていました。でも1つ1つ打ち込むのが面倒になので、有名なMoneyForwardを使い始めました。

MoneyForwardとは?

ご存知の方も多いと思いますが、MoneyForwardは家計簿アプリです。アプリの強みとも言える銀行やネットショップ等の連携が可能です。

基本的にどの金融機関でも連携出来るので、身の回りのお金の動きを大体把握出来きます。

アプリで資産管理を始めた理由

Excelでも問題なく資産管理は出来るにも関わらず、アプリに移行した理由は3つあります。

自動で更新されるから

Excelの場合、関数を入れておけば数字を変えるだけで自動的に計算もされます。しかし、マネーフォワードでは口座を自動で最新に更新・計算してくれます。

つまり、いちいち残高を確認して入力しなくでも良くなるのです。省ける作業は省こうという事です。これが1つ目の理由です。

全ての銀行、証券口座をまとめてみられるから

自動で更新されるだけでなく、一覧で口座の残高を確認する事が出来ます。もちろん、全て合算された金額も見る事が出来ます。

何かと増えがちな口座の残高をまとめて確認出来るのはかなり便利です。これが2つ目の理由です。

資産の割合が瞬時に分かる

これは株式投資を始めた影響もありますが、現金・貯蓄・株式の割合がすごく気になります。

マネーフォワードではこれらの割合をパーセンテージで表示してくれます。自分の中でどれくらい投資に回せるか瞬時に分かるので賢く資産のポートフォリオを作る事が出来ます。

投資用と貯蓄用のお金ははっきり分けておかないといけないので、この機能はすごく助かっています。

他にも様々な使い方がある

僕の場合、資産管理をメインとして使っています。しかし、本来は家計簿アプリなので日々の細かい入出金を記録、自動化する事も可能です。

手作業で家計簿を付けている方、節約が苦手な方は是非マネーフォワードで自動化・可視化してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました