2020-07

株式投資向け企業分析 【日本水産】

ニッスイの愛称で知られる水産業者です。EPA等健康を意識した製品を数多く製造しています。コロナ禍において停滞気味ではありますが、今後の成長は十分に期待できます。ただ、株主優待は500株からなので購入には踏み切っていません。

株式投資向け企業分析 【昭和電線ホールディングス】

5Gにも関連している製造業です。建設や通信業が扱う製品を製造しており、今後の通信業拡大に期待が高まります。株式投資の対象としては割安株ではあるものの、配当利回りが低くお得感はなさそうです。

株式投資向け企業分析 【東海理科】

東海理科はトヨタ自動車が大型顧客の自動車部品メーカーです。新型コロナの影響で将来見通しを立てるのは難しいですが、今後の動向をチェックしてみます。長期投資向けとしては悪くない感じです。

株式投資向け企業分析 【内外トランスライン】

国際貨物輸送を主力としている運輸業者です。新型コロナの影響は大きいですが今後の回復に期待しても良いかもしれません。株主優待と配当利回りを考慮しても優待バリュー株の1つに数えられると思っています。

株式投資向け企業分析 【コニカミノルタ】

コニカミノルタは複合機等のオフィス機器を中心に事業展開している電子機器メーカーです。販売だけでなく企業が抱える課題を製品を活用し解決に導くと言った事も行っています。株価が安く、株式投資初心者でも手を出しやすい銘柄です。

株式投資向け企業分析 【セガサミーホールディングス】

ゲームセンターやゲームソフトのパッケージで見かける事があります。実際、パチンコ・ゲームを主力事業ですが、リゾート事業も手掛けている企業です。最近ではIR関連企業として注目されています。成長が十分に期待出来る企業ですが、しばらくは様子見です。

株式投資向け企業分析 【マツダ】

言わずと知れたカーブランドのマツダを分析しました。数年前に比べると街中で見かける事が増えたのではないでしょうか。実際、車への評価は高く信頼されているブランドと言えます。株式投資の対象としては十分に候補になると思います。

株式投資向け企業分析 【東洋炭素】

東洋炭素は半導体やその他最先端技術に欠かせない素材の製造をメインに行っている会社です。普段の生活で気にする事はありませんが、様々な分野で需要があります。成長フェーズに入っているという事もあり、株式投資の対象としては有力な銘柄です。

株式投資向け企業分析 【住友化学】

幅広い化学製品を製造している住友化学の分析を行いました。意外にも5Gに関連する事業もあり、今後の成長が期待出来ます。日々の値動きが小さく、株式投資初心者でも長期目線でオススメできる銘柄です。
タイトルとURLをコピーしました